この記事のまとめ

頭皮や髪の毛にとって真夏の紫外線は刺激が強く、パサつきや切れ毛、カラーの色落ちを招くこともあります。

 

そこで、①帽子や日傘を使う、②髪の毛を濡れたままにしない、③ヘアケア用UVスプレーを使うといった対策が有効です。

 

なお、ヒアルロン酸には日焼けによる炎症とメラニンの生成を抑える効果があるといわれています。

 

ぜひ一度、ヘアケア剤の一つとして、髪の毛にもや頭皮にお試しください😀

 

岡山で40年美容材料の卸をしているスミダヤです。

 

ジャスベック・スターベールというヘアケア用のヒアルロン酸原液を販売しています。

 

はじめに

Ultraviolet_rays

 

夏のヘアケアで忘れてはならないのは、紫外線対策です☀️

 

かれこれ何十年と前になりますが、高校生の時、運動会で日に焼けて、体中が痛くてつらかった思い出があります。高校生にもなると、そもそも外で過ごす時間も登下校中くらいだし、体育帽子なんてありませんでした。

 

腕も足も痛いのですが、一番つらかったのは頭皮😭

 

で、数日後、ブラッシング中に、髪の毛を通して頭皮がスーッと剥けたのが、もう気持ち悪くて気持ち悪くて。3センチ四方くらいの日焼けした頭皮なんですが、一つ一つ等間隔に毛穴が開いているんです!

 

今思い浮かべても鳥肌が立つインパクトです😱

 

scalp‗damage

 

お顔やお肌のUVケアは万全のことと思いますが、髪の毛や頭皮ももちろん焼けます。太陽からの距離が近いので、お顔やお肌以上に紫外線ダメージは大です!

 

あの若かりし日は気付きませんでしたが、おそらく髪の毛も相当なダメージを受けていたことでしょう😨

 

真夏の紫外線 メリットとデメリット

 

メリットだってあるにはある

 

紫外線はお肌の大敵のようにいわれますが、殺菌消毒作用があったり、体内にビタミンDを作ったり、血行や新陳代謝、皮膚の抵抗力を促進させたり、意外に大活躍しています✨

 

子どもたちが小学校でもらう「ほけんだより」にも、外で遊んで紫外線を浴びると、視力の低下を防いだり、風邪やウイルスへの抵抗力が向上したり、いいことも推奨されていて、とても健康的なイメージもあります💪

 

美容分野ではデメリットが強い

 

UV_damage

 

そんな出木杉紫外線ですが、美容分野においては、やはりトラブルメーカーです。皮膚の奥にあるタンパク質に作用してお肌を老化させたり、メラニン色素を沈着させてシミを作ったりするから😕

 

う~ん、抵抗力アップはいいけど、シミや老化は避けたいものです。

 

真夏の紫外線は、髪の毛にとってもやはり脅威。キューティクルを傷つける原因として、摩擦乾燥加齢薬剤(ヘアカラーやパーマ)など、いろいろと指摘されますが、そこに必ずといっていいほど紫外線も挙げられています。

 

キューティクルを傷つけるほどの破壊力があるとのこと。夏は太陽光線が痛いですもんね。髪の毛にだっていいわけがないって、もう皮膚感覚で分かります💨

 

頭皮、髪の毛の紫外線対策

 

では、美しく健康的な髪の毛を守るべく、少しでも紫外線ダメージをためないために、どのような対策を取ればいいのでしょうか?

 

帽子や日傘を使う

Ultraviolet_rays

 

日傘は、頭だけでなくお顔や腕などの皮膚も守れて、最高ですね💖

 

小さいお子さんがおられるママさんたちやガーデニングを楽しむ方々には、手が塞がってしまうので、使いにくいアイテムではあります。

 

そこで帽子!

 

育児でもガーデニングでもアウトドアでも、動作に支障をきたしません。

 

そういえば、お盆にお墓掃除&参りをする際は帽子が欠かせません。田舎のお墓はだいたい屋根のないところにありますし、草を抜いたり、落ち葉を掃いたり、線香をお供えしたり、なんでもできます。

 

物理的に守るって、頼もしい~😎

 

髪の毛を濡れたままにしない

 

Hairdryer

 

今はコロナ禍でなかなか人混みに入れませんが、夏は海やプールに行く機会も増えます。

 

濡れた髪はキューティクルが剝がれやすく、髪の表面が大変傷みやすい状態です。

 

水に入る時は、お団子ヘアにするなど髪の毛をあらかじめまとめておくと、ダメージも少ないそうです。

 

屋外では、頭皮が汗で濡れてしまうことも。

 

その際は、タオルなどで、やさしくふき取るなどした方がいいそうです。

 

とはいえ、タイミングは難しそうですね~😵

 

ヘアケア用のUVスプレーを使う

例えばこんな商品はいかがでしょうか?

UVスプレー

シーランドピューノ アクアパラソル フローラ (SPF50+)

 

髪の毛はもちろん、全身に使える日焼け止めスプレーです。急いでいる時などにお手軽ですよ✨

 

こうしたヘアケア剤は美容室でもご相談に乗ってもらえます。髪の毛にまつわるお悩みにプロ視点で答えてもらえるのは嬉しいですよね😊

 

ヒアルロン酸に紫外線ダメージを緩和する効果がある?!

 

UV_care

 

ロート製薬の研究によると、「ヒアルロン酸が紫外線による炎症を抑える可能性がある」と発表されています(2017)。

 

日に焼けると、皮膚の奥の方に「プロスタグランジンE2」と「インターロイキン1α」が発生して、炎症や色素沈着を引き起こすそうです。この研究では、ヒアルロン酸がこれら2つが生まれにくくする作用があると分かったそうです。

 

しかも、同じヒアルロン酸の中でも「超低分子ヒアルロン酸」であれば、皮膚の奥まで浸透しさらなる効果が期待されるとのこと(2020)。

 

つまり、ヒアルロン酸は、日焼けによるお肌へのダメージを軽減してくれるステキなアイテムってことです😲

 

すごいですよ。

 

日焼けダメージのメカニズムが必ずしも一緒とはいえないので、お肌へのダメージを軽減してくれるのと同じように、髪の毛へのダメージも緩和されるのか、定かではありません。

 

とはいえ、ヒアルロン酸をヘアケアに取り入れることで、頭皮は守られますし、髪の毛もキューティクルがキュッと締まった状態になります。

 

ヘアケア用ヒアルロン酸原液のジャスベック・スターベール、ぜひ一度お試しください。

 

hyaluronic_acid

ジャスベック・スターベール 50ml ¥2,750

 

 

(株)スミダヤ 岡山市南区泉田365-5

お問い合わせ ☎0120-17-5190

☆ご注文の方はこちらへ

スミダヤホームページ(準備中)

 

ジャスベック

 

ヘアケア