ヘアケア

ボリュームアップにおすすめ!40代50代女性のドライヤーの使い方



若い頃と比べて、髪質が変わってきた気がしませんか?


パサつきやすかったり、細かったり、分け目が気になったり…。


そんな40代、50代の女性に合ったドライヤーの使い方ってあるんでしょうか?


aging-hair



ドライヤーにはこんな効果があります。


◎髪をダメージから守る効果


◎頭皮を健康に保つ効果



正しくお使いになると、美髪の土台を作ることができるドライヤー。


今回は、ドライヤーの使い方について、特に大人世代の女性向けの正しい髪の乾かし方について、まとめます。


大切なのは【 強温風 >> 弱温風 >> 冷風 】という流れなんです。

この記事は、岡山で40年美容材料のディーラー&メーカーをしているスミダヤが書いています。

2017年以来、岡山の美容室様向けに販売しているヒアルロン酸原液。

多くのリピーターに支えられ、2022年からヒアーズラックとしてWEB販売を始めました。

通常は税込2,750円(50ml)のところ初回限定1,500円で販売中です。≫詳しくはこちらをクリック

目次


1|40代50代におすすめ!ドライヤーの使い方

1-1|40代50代の髪の毛の特徴
STEP1|タオルドライはやさしく
STEP2|強温風で根元から乾かす
STEP3|弱温風でヘアスタイルを整える
STEP4|仕上げに冷風を

2|ドライヤーにまつわるQ&A
2-1|なんでドライヤーでスタイリングできるの?
2-2|なんで自然乾燥はダメなの?
2-3|オーバードライって何?

3|ドライヤー+ヘアケア用美容液のすすめ
3-1|【種類別】髪を保湿するヘアケア剤
3-2|ヘアケア用ヒアルロン酸原液の使い方
3-3|初回限定1,500円でお試しできる

4|まとめ

1.40代50代におすすめ!ドライヤーの使い方

40代50代の髪の毛の特徴は?



年齢を重ねると、こんな風に髪質が変わりやすいです。

◎パサつきやすくなる

◎細くなる

◎白髪が増える

◎ボリュームが出にくい


こうした変化に、シャンプーやトリートメント、ヘアケア剤などによる対策も効果的です。


ドライヤーも大事。


かけ方を工夫すると、髪をダメージから守ったり、ボリュームをアップさせたり。


毎日使うアイテムですが、スグレモノなんです。

STEP① タオルドライはやさしく



towel-dry



ドライヤーの前に、丁寧にタイルドライをすると、ドライヤーの時間が短くなります


タオルドライは髪を守ることにつながるのです。


髪は濡れていると傷みやすいです。


髪はこすらない!


◎ポンポンとやさしく押さえる!


くれぐれも、これだけはお気をつけて。

STEP② 強温風で根元から乾かす



hair-dryer



まずは、強風量の温風で、根元から乾かしていきます。


◎髪とドライヤーの距離は15センチくらい離す!


ドライヤーの温度調節にもつながります。


特に、髪のパサつきが気になる方髪が細くドライヤーの熱刺激が気になる方は、十分な距離を取ってお使いください。


◎同じ場所に温風を連続して当て続けないようにする!


一点集中でお使いになると、髪が傷むし、ムラにもなります。


流れるように、全体的に場所を変えながら乾かしてください。


◎付属部品を取った方が全体的に乾きやすい


ドライヤーの先に付いてる、スタイリング用の部品。


根元を中心に全体的に乾かす時は、取っておく方が乾かしやすいです。

STEP③弱温風でヘアスタイルを整える



hair-dryer



全体的に8割ぐらい乾いたら、次に弱温風で、スタイリングしながら乾かします。


前髪もこの時に整えるのがベスト。


風量を緩め、付属ノズルをつけて、ヘアスタイルを整えてください。


◎片手で髪を軽く引っ張りながら整える


ヘアスタイルは完全に乾く瞬間に固まります


美容師さんのようにブラシ+ドライヤーというのがベストですが、難しい場合もあります。


ブラシの代わりに手で軽く引っ張るだけでも、仕上がりが全然違ってきます。


髪が濡れているうちから、強温風でブラシを使ったり、指で引っ張ったりすると、キューティクルがはがれる恐れがあります




◎トップにボリュームを出したい場合は、逆さに温風をあてる


トップにボリュームを出すと、根元白髪が目立ちにくくなったり、分け目が悪目立ちしにくくなったり、大人世代の女性には特に効果的です。



how-to-dryer



まずは、普段の分け目とは反対側から根元に温風を当てます。


次に、分け目よりちょっとサイド寄りから根元に温風を当てます。


最後に、冷風を当てながら整えます。


なお「白髪ケア効果が変わるドライヤーの使い方!髪にヒアルロン酸も◎」(≫こちらをクリック)という記事もあります。


◎ボリュームを減らしたい場合は、上から下に温風をあてる


ボリュームを抑えたい場所を片手で軽く押さえたり、引っ張ったりしながら、上から下へ温風を当ててください。

STEP④仕上げに冷風を



cool-dryer



仕上げに冷風で髪表面を冷やすと、髪のパサつきを抑えられ、ツヤが出やすくなります。


キューティクルがキュッと引き締まるからです。


スタイリング力も強まるのでおすすめですよ。

2.ドライヤーにまつわるQ&A

Q なんでドライヤーでスタイリングできるの?

A 髪内部のタンパク質のカタチが変わるから(水素結合)



スタイリングといえば、ドライヤーによるブローです。


でも、なんでヘアスタイルが固まるのでしょうか???


そういえば不思議です。


ブローで髪のセットが決まるのは、タンパク質のカタチが変わるからです。






髪が乾いている時は、固まっているタンパク質。


髪が濡れると、バラバラになってしまいます。


で、髪が乾ききる瞬間にまたタンパク質は固まります。


これが髪の水素結合です。


ドライヤーによるスタイリングは、この反応を利用しているのです。


dryer




自然乾燥でも水素結合は起こりますが、ドライヤーでブローしながらスタイリングすると、ヘアスタイルが決まります。


寝グセ直しで、一番手っ取り早いのは、髪を根元から濡らして、ドライヤーで乾かす方法ですよね。


これ、水素結合をやり直しているんです。


なお、パーマも、たんぱく質の変質を利用した施術のひとつです。


こちらは「シスチン結合」といい、水素結合よりも強力です。

Q なんで自然乾燥はダメなの?

A 髪のダメージ&頭皮のニオイが心配



smell



自然乾燥をすると、髪が傷みやすくなり、また、頭皮が臭いやすくなります。


髪も頭皮も濡れた状態のままできると、キューティクルがこすれて、ダメージを受けやすくなったり、常在菌が繁殖してニオイが出たり、かゆくなったりします。


ドライヤーに「髪をダメージから守る効果」「頭皮を健康に保つ効果」があるというのは、そういうトラブルを軽減するためです。


ただ、短髪の男性のようにすぐ乾く方は、濡れていることでの髪や頭皮への影響が少なく、あまり気にしなくてもいいようです。

Q オーバードライって何?

A ドライヤーで毛先がパサつくこと



damage-hair




いいかえると、乾かしすぎです。


ドライヤーによる髪の乾燥を防ぐには、冷風の使い方が大切になります。


強温風で根元を中心に全体の8割乾いたら、次は弱温風でスタイリングします。


この後、冷風に切り替えて髪表面の温度を冷やすことがオーバードライの予防につながります。


グッと冷やすことで、キューティクルを引き締まり、髪内部の水分を閉じ込めます。

3.ドライヤー+ヘアケア用美容液のすすめ

髪の乾燥を防ぎつつ、ドライヤーの美髪効果を高めるためには、洗い流さないトリートメントなどのヘアケア剤を併用するのもおすすめです。


特に女性は、40代以降、年を重ねることで、細くなったり、生えにくくなったり、パサつきやすくなったりと、髪質が変化します。


そんなエイジング毛には、ドライヤーの前に保湿用美容液をお使いになることで、髪に若々しさが戻ってきます




【種類別】髪を保湿するヘアケア剤





ドライヤー前に直接髪に塗布するアウトバストリートメント。


洗い流さなくていいし、手軽に髪の保湿ができてサラサラに仕上がるのがとっても嬉しいアイテムです。


さまざまなタイプがあります。


お好みでお使いになってみるのもいいかもしれません。


ヘアオイル◎高分子シリコーン系の成分が多い
◎さらっと髪をコーティングして、絡まりをなくして、指通りをよくする
◎頭皮につけるのはNG
●髪質によってはボリュームダウン
ヘアミルク◎よくなじむ
◎髪表面をコーティングし、髪の内部にも浸透する
◎翌朝もまとまりがよくなる
◎お風呂上りの髪が濡れた状態の時に付ける
ヘアクリーム◎ミルクよりも油分が多い
◎しっとり重く、リッチ感がある
◎濡れた状態でつけるとダメージケア効果がある
◎乾いた状態でつけるとスタイリング効果がある
●ベタつく場合もある
ヒアルロン酸原液◎保水力は抜群
◎髪表面をコーティングする
◎しっとりさせる
◎頭皮やお肌、お顔にも使える
◎ヘアオイル、ヘアミルク、ヘアクリームと併用できる

ヘアケア用ヒアルロン酸原液の使い方



スミダヤでは Here’s Luck(ヒアーズラック)というヒアルロン酸原液を販売しています。


Here's-Luck

◎特殊発酵技術による安全性の高い高純度ヒアルロン酸
◎シリコン、着色料、香料、鉱物油、カオチン不使用
◎50mlでおよそ110回プッシュ
◎2,750円のところ初回限定で1,500円(税込、送料無料)販売中
≫詳しくはこちらをクリックしてください



【使い方】


原液処方なので、お好みでさまざまな使い方ができるのがうれしいところ。


詳しくは「原液美容液って髪にもいいの?ヒアルロン酸原液のメリットと使い方」(≫こちらをクリック)という記事もあります。


◎シャンプーに混ぜる


シャンプー1プッシュにつき、ヒアルロン酸1プッシュくらいの目安でお使いください。


シャンプーの泡立ちがねっとりとよくなります。


保湿力アップです。


詳しくは「シャンプーの正しい使い方!女性の髪や頭皮を健やかに美しく」(≫こちらをクリック)をご覧ください。


◎トリートメントに混ぜる


髪のしっとり感がアップし、ダメージ保護効果があります。


こちらもだいたいシャンプーと同じくらいの分量が目安です。


詳しくは「ヒアルロン酸の髪への効果!5日間トライアルで感じた3つのメリット」(≫こちらをクリック)をご覧ください。

◎ヘアトニックに混ぜる


髪にボリュームが出て、頭皮の保湿効果がアップします。


ドライヤーと併用するヘアケア用美容液には、頭皮にしか使えないものや、髪にしか使えないものなども多いのですが、ヒアルロン酸原液はどちらにも問題なくお使いになれます。


詳しくは「女性の薄毛対策セルフケア!ヒアルロン酸で頭皮を保湿するのも◎」(≫こちらをクリック)をご覧ください。


◎そのまま付ける



髪が柔らかかったり、細かったりして、オイル系ヘアケア剤だとボリュームダウンが気になる方におすすめです。


毛先につけることで、ツヤ感とボリュームアップ効果があります。


混ぜて使う場合より、多めの分量のヒアルロン酸をお使いになった方が効果的です。


詳しくは「ヒアルロン酸を洗い流さないトリートメントに!プロおすすめの使い方」(≫こちらをクリック)をご覧ください。

初回限定1,500円でお試しできる



こんなキャンペーンもやってます。この機会にぜひ一度お試ししませんか?

▼気になる方は下の写真をクリック▼



4.まとめ



ドライヤーの使い方ってあなどれません。


毎日のことなので、少し気に掛けるだけでも、髪への影響が違ってきます。


皆様の毎日が少しでも快適なものとなりますように。

株式会社スミダヤ

岡山市南区泉田365-5

☎0120-17-5190