ヒアルロン酸

浸透しやすいってホント?トリートメントとヒアルロン酸の髪への効果


前回「美容液はお肌に浸透するのか?」まとめてみました(記事はこちら→)。


それによると、美容液はお肌の角質層までは浸透し、結果として保湿効果が得られるとのこと。

long-hair



では、髪の場合、どうなんでしょうか?髪も皮膚の一種です。髪の美容液といえばトリートメントですよね。角質層までは浸透するというコスメ、髪ではどんな役目を果たしているのでしょうか?


そこで、今回は、トリートメントの浸透力について考えてみます。


シャンプーやトリートメント、スタイリング剤などを「コスメ」というと違和感がありませんか?薬機法ではこれら全部「頭髪用化粧品」とされます。一部、医薬部外品や医薬品もありますが、だいたいのヘアケア剤はコスメなんです。


この記事ではこんなことが分かります。
◎髪はお肌よりも浸透しやすい
◎トリートメントの2つのタイプ
◎ちょい足しヒアルロン酸の可能性


はじめまして。岡山で40年美容材料のディーラー&メーカーをしているスミダヤです。ヒアーズラック(ヒアルロン酸原液)をWEB限定で販売しています。ヒアーズラックの詳細はこちらをクリック→





目次
浸透しにくいキューティクルですが…
髪に浸透しても大丈夫?
保護 or 浸透?トリートメントの役割
ちょい足しヒアルロン酸原液のすすめ
まとめ



浸透しにくいキューティクルですが…




トリートメントの浸透力について考えるには、やはりまず、髪の構造を知っておいてほしいです。

hair-structure

髪の毛は海苔巻き…というか「かっぱ巻き」のような構造になってます。海苔の部分がキューティクル、酢飯の部分がコルテックスで、キュウリの部分がメデュラです。




浸透に関係するのはやはりキューティクルです(髪の構造についてはこちらの記事にも→)。


髪の表面で、鎧のように髪を保護するキューティクル。タケノコの皮のように互い違いに折り重なって、内側の水分や栄養が流出しないように、また、外部からのウイルスや花粉が侵入しないように、守っています。


キューティクルは水分とのなじみも悪く、だから、美容成分もなかなか浸透しません。ただし、これは「普段は~」とか「健康な場合は~」とかの条件が付きます。


というのも、キューティクルは外の影響を受けやすいからです


濡れると開きます。こすれると剥がれます。紫外線を浴びるとダメージを受けます。ドライヤーの熱にも決して強くはないし、カラーリングやパーマなどの薬剤にはめっぽう弱いです。梅雨時は広がりやすくなりますし、乾燥した季節はパサつきやすい。


つまり、日常のありふれた場面がキューティクルにとっては刺激になるのです。


そうした刺激によってキューティクルは乱れ、髪表面に隙間が生じやすくなります。髪が濡れている時、ダメージで傷んでいる時、また、カラーやパーマの薬剤を付けた時など、トリートメントの美容成分は、その隙間から内側に浸透しやすくなるのです。

hair



逆にいうと、キューティクルが乱れている時は、内部の栄養や水分が抜けやすいです。実際ダメージ毛には、コルテックスに空洞がみられるとのこと。トリートメント成分はこの空洞まで浸透し、髪を内側から補修する役目もあります。


まとめると、髪は美容成分が浸透しやすく、また、流出もしやすいのです。


髪に浸透しても大丈夫?



お肌への浸透力についてまとめた時に、コスメによる副作用の怖さについて触れました。


垢として流されるだけの角質層なら怖くないけど、ターンオーバー真っ最中の細胞に、コスメはどんな影響を及ぼすか分かりません。だからこそ、深くまでは浸透しないように守られています。


髪の毛は大丈夫なんでしょうか?


beautiful-hair




髪は「頭皮より内側の部分」と「頭皮の外側へ伸びている部分」とで、その構造も細胞も大きく異なります。


前者は、頭皮の内側で細胞分裂を繰り返し、上へ上へと成長します。お肌でいうターンオーバー中の細胞と同じです。そうして頭皮から出てきた細胞が髪の毛になるのです。


頭皮から露出した髪の毛は、自分では成長せず、与えられた姿かたちで、頭皮から抜け落ちるその日までやり過ごすします。皮膚であれば傷ついても治りますが、髪にそういった修復機能はありません。カットしても痛くない代わりに、キューティクルが剥がれたら剝がれっぱなし。ダメージはダメージのまま残ってしまいます。


だからこそ、髪の場合、内側にトリートメントが浸透しても、身体への影響は少なく、問題ないと考えられるのです。


多くのトリートメントは「頭皮に付けないように」との注意書きがあります。これは、キューティクルは場所によって強度が変わってくるからです。根元の方はまだまだ元気で傷んでいません。むしろ頭皮や毛根に作用しないほうがいいと考えられます。毛穴に詰まったりしますしね。キューティクルは毛先にいくほど脆くなり、傷みやすくなっています。だからこそトリートメントは毛先に重点的につけるのがおススメなのです。






保護 or 浸透?2つのタイプのトリートメント



トリートメントは大きく分けて2つのタイプがあります。


ヒアルロン酸原液イメージ



◎表面にとどまってダメージの進行を止めるタイプ


例えば、オイル系の洗い流さないトリートメント。お手軽です。表面を油分でコーティングして指通りが滑らか、サラサラで、ツヤが出て…という効果がある。市販のトリートメントやコンディショナー、リンスなどもどちらかといえばこっち。


◎髪内部に浸透してコルテックスの空洞を補修するタイプ


髪が濡れていたる時に使用する。繰り返し使用することで、髪の内部に美容成分が浸透し、コルテックス内の失われた水分や栄養分を補給し、髪の水分保持力や弾力などの機能を少しずつ取り戻す効果が期待できる。サロンなどに置いてあるちょっと高価なトリートメントなど。


まず、ご自分の髪の状態を確認して、どちらを使うのがいいかお考えください。


髪のダメージはこのように進行していきます。


①表面を保護する皮脂が失われる

②キューティクルが剥がれ落ちる

③コルテックスがむき出しになる

④内部のダメージが急速に進む



こうした状況になると、髪がパサついたり、広がったり、まとまらなかったり、枝毛や切れ毛が増えたり、細くなったりと、お悩みとして表れます。本格的なケアがしたいと思われたら、ぜひ一度、行きつけの美容室でご相談いただくのもいいかもしれません。


ちょい足しヒアルロン酸原液のすすめ




さて、スミダヤが販売しているヒアーズラック(ヒアルロン酸原液)50ml ¥2,750。



hyaluronic_acid




こちらは浸透しません。ですが、保水機能は抜群です。髪の表面をベールのように包み込んで、ダメージを広げない保護タイプとして効果が期待できます。ちなみに、こちらのサイズで110回プッシュできます。





ヒアルロン酸のコンディショニング効果をお試しなら、トリートメントの際に1プッシュ混ぜてからお使いください。普段お使いのトリートメントがワンランクアップすること間違いなしです!


◎トリートメントに混ぜると髪にコシが出る


ナチュラルなタイプですが、水分のベールを実感できます。スタイリング剤のような主張もなく、自然にケアできるのも特徴のひとつです。


◎毎日使っているとスタイリングしやすくなる


ヒアルロン酸入りトリートメントを続けていると、毎朝のスタイリングが時短できます。髪が広がりにくくなり、ストレートヘアの方には特におすすめな使い方です。


◎髪の表面の状態を整えてボリュームを自然にコントロールする



パーマをかけている方の場合、オイル系に比べてふんわりと仕上がるのも特徴です。これは、髪を思い通りにスタイリングするというより、本来のヘアスタイルなるべく、髪の表面の状態を整える作用がヒアルロン酸にあるからだと考えられます。


◎お顔、頭皮に付いてもノープロブレム


ヒアルロン酸原液はお顔にもお肌にも、問題なくお使いになれます。髪が顔についた時、オイル系のスタイリング剤だと不快感を覚えることがありますが、そういったことは感じません。





まとめ



髪にとっての美容液=トリートメントは、お肌に比べて浸透しやすいです。そして、トリートメントには2つのタイプがあります。


①髪表面にとどまってダメージの進行を妨げるもの


②髪内部に浸透してダメージを補うもの


根本からダメージを治すことはできませんが、ダメージを補修することはできます。ご自分のお悩みに合ったトリートメントをお選びください。


皆様の毎日が少しでも快適なものとなりますように。


(株)スミダヤ

岡山市南区泉田365-5

☎0120ー17-5190